幸せな人生を歩んでいる人が「絶対にしない」こと

悪いことが起こらないように

準備をしてしまうことはないですか?

 

こんな質問をしておいて、何ですが…

 

幸せな人生を歩んでいる人は

悪いことが起こらないようにするための準備を、

絶対にしないのです。

 

何でだと思いますか?

 

準備は、うまくいくためにするものだからです。

 

悪いことが起こらないように準備をすると

悪いことが引き寄せられてしまいます。

 

どうせなら

幸せな人生を歩んでいる人のように

うまくいくための準備をできるようになってみませんか?

  

20年間で1万人以上のお悩み解消をサポートするなかで蓄えた知恵からお伝えする

今回の内容は「幸せな人生を歩んでいる人が「絶対にしない」こと」です。

 

幸せな人生を歩んでいる人がやっている、

うまくいくための準備の秘訣を持って帰っていただくために、

2分程度お付き合いください。

 


このサイト(ほしのぶLOG https://hoshinob.com)は、

20年間で1万人以上のお悩み解消をサポートした実績で蓄えた

自分にも相手にもいい影響をもたらすことができる自分になる

『自分磨きの知恵』を発信しています。

 

幸せな人生を歩んでいる人が「絶対にしない」こと

この記事を読むと

  • 悪いことが起こらないように準備をすると、悪いことが引き寄せられる理由がわかります
  • 幸せな人生を歩んでいる人がやっている、うまくいくための準備の秘訣が2つ手に入ります。

そして、相手にいい影響をもたらす知恵に磨きがかかります。

 

意外と知らない、「うまくいかないシミュレーション」の罠

悪いことが起こらないようにするための準備は

「うまくいかないシミュレーション」をすることから始めます。

 

これはうまくいかない

こうしたらうまくいかない

こうしたら悪いことが起こる

 

まるで、悪いことが起こる方法を探しをしているかのように

うまくいかないシミュレーションをしてみます。

 

シミュレーションが現実的であるほど、それが起る可能性は高くなる。

 

だから、うまくいかないシミュレーションが上手なほど、

悪いことが起る可能性は高くなってしまうのです。

 

もちろん、幸せな人生を歩んでいる人は、こんなことはしません。

 

シミュレーションが現実的であるほど、それが起る可能性は高くなる。

だから、

こうしたらうまくいく

これをやればうまくいく

こうやって、うまくいくシミュレーションをするのです。

 

石橋は 叩いても 渡るもの

「石橋をたたいて渡る」ということわざがありますが、

強固な石橋であってもその安全性を自分で確かめて渡りたい。

 

それぐらい、用心深くなってしまうことはあります。

 

でも、安全性を確かめることに力を入れすぎて、

「石橋をたたいて壊してしまう」なんてことがあります

 

これは、不安の裏返し。

自分の不安が正しいことを証明したくなって

壊れるまでたたいてしまう。

 

そして、壊れたときに

「やっぱり壊れた。不安に感じていたことが正しかった」ってなる。

 

本当は、渡るために用心深くなっていたのに、

壊れるまでたたいて、渡れない理由にしてしまう。

 

もちろん、幸せな人生を歩んでいる人は、こんなことはしません。

渡りたいのだから、

最低限の安全を確認したら、

慎重に安全を確認しながら渡っていきます。

 

完全に不安がなくなることはない。

つまり、完全な安心がないということこと

それをわかっているから、

慎重になりながらも歩みを進めていくのです。

 

不安にならないのが勇気ではなく

不安があったとしても、一歩踏み出すのが勇気。

 

勇気を持って、幸せな人生を歩める人になっていきましょう。

 

この記事が、もっと素敵な明日に向かうことに少しでもお役に立てたら嬉しいです。

週に2~3記事ぐらいの発信を目標にしています。

SNSのフォローもしていただけると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

 

クリックで簡単シェア

コメント

タイトルとURLをコピーしました