自主的に学ぶ力を引き出す!勉強が楽しくなる秘訣

「どうしたら自主的に勉強できるようになれるんだろう?」

 

これは、

・宿題はするけどそれ以外のことはやらない

・塾に行けば勉強するけど、家で勉強なんてほとんどしない

・テストの前だけしか勉強しないし、勉強道具は学校に置きっぱなし

 

こういった子どもだけの話ではありません。

 

資格を取ろうと思って教材を買ったけど

・気分の乗ったときにだけやる

・提出期限があるものだけやる

・忙しいから余裕のある時に…と教材を積んだままにする

 

こういった大人にも共通する話です。

 

この悩みを解消するために、すごい難しいことを考える必要はありません。

実はこの悩み、1つのことをするだけで、簡単に解消できるんです。

 

この記事を書きました。
10,000人を超える
サポート実績を持つ
サーマウント パートナー
ほしのぶ です。
 

自主的に勉強しない理由

自主的に勉強しない理由は

・危機感を持っていない

・向上心がない

・目の前の楽しさに逃げてしまう

・勉強してもできるようにならないから

こういったことではありません。

 

実際に「自主的に勉強できていない人」の話を聴いてみると

自主的に勉強しない理由は

足りないところを補うための勉強だから

もしくは

足りないところがないようにするための勉強だから

このどちらかです。

 

足りないことがないことが最高?!

足りないところがないということは、マイナス(間違い)がないということです。

だから、どんなに頑張って勉強したとしてもマイナスがない±0にしかなりません

 

±0が最高。

頑張るのがばかばかしくなりませんか?

 

本当の意味での最高!

本当の意味での最高は、いろいろ足していくことでたどりつくものです。

だから、どんどん自分が大きくなることで最高に近づいていきます。

 

そして、本来の勉強は

・知識を足したり

・体験を足したりして

自分を大きくすることのはずなのです。

 

±0が最高の人と最高に近づく人の差

「±0が最高の人」と「最高に近づく人」

この差をつくるのは、日頃の口癖の差、行動するときの軸の差です。

 

例えば、

・自分を大きくして最高に近づく人の目標は「□□になる」です。

・±0が最高の人の目標は、「○○にならない」になりがちです。

 

英語で書いた方がわかりやすいかもしれません。

「±0が最高」の人は、DO NOT(してはいけない)というNOTが入った言葉を多く使います。

「最高に近づく人」は、DO(する)という言葉を多く使います。

 

勉強の目的が「±0が最高」なのだとしたら、

・完璧にすべてをマスターする

・マイナスにならない程度でやっておけばいい

このどちらかになってしまいます。

 

完璧にするのは、とても大変です。

気力を持ち続けることも困難です。

だから、勉強することを苦痛に感じてしまうようにもなるのです。

 

人は、

・知っていることが増える

・できることが増える

こういうことに喜びを感じます。

 

喜びを感じることは、止められてもやりたくなってしまうものです。

 

もし、「どうしたら自主的に勉強するようになるんだろう?」

こんな考えがあたまの中に浮かんで来たら、

 

増える喜びを感じられるように

・増えた知識の記録をつける

・できるようになったことを記録する

そうやって、喜びを味わう時間を足してみることから始めてみましょう。

 

この記事が、

もっと素敵な明日に向かう今日のために

少しでもお役に立てたら嬉しいです。

ご訪問ありがとうございました。

 

SNSのフォローもしていただけると嬉しいです。

 

「人間理解」を深め
「マスタリーの力」を磨き高める
パーソナルトレーニング
soloトレ(ソロトレ)
ほしのぶがお手伝いします(^^)/
 

SNS(随時更新中)
▼をクリックするだけで今日のひと言など新着記事案内がお手元に届きます
モチベーション

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

「ちょっと質問したい」という方は
いずれかの方法でお気軽に( ´∀` )

・SNSのDM

・ページ下部のコメント書き込み

ちょっと質問・問い合わせフォーム

ほしのぶメールマガジン

人を育て 自ら育ち 共に成熟する
ちいさなきっかけを
ゆるーく 月に2~3通
あなたのメールボックスにお届けします。

申し込み方法は
ニックネームとメールアドレスを記入して
申し込みボタンを押すだけです。

Facebookグループへの登録でも
同じ内容をお読みいただけます。

▷ Facebookグループに登録

ほしのぶLOG

コメント