コミュニケーションを円滑にする方法 – 心配な相手に「○○があったら…」はNGワードです

「大丈夫かな」って気になる相手に

「わからないことがあったら聞いてね」

「困ったことがあったら言ってね」

って言っていないですか?

この言葉、使う前にちょっと考えてみてください。

 

こうやって声をかけたら、

すぐにわからないことを聞いてくれたり、

すぐに困っていることを言ってくれる相手であれば

「大丈夫かな」って気になっていないのではないでしょうか。

 

もし、「大丈夫かな」って気になる相手がいるのなら

「今どんなことをどんな感じでやってるの?」と質問してみましょう。

 

 

20年間で1万人以上の悩みに寄り添い、

 

「今日よりもっと素敵な明日のために、悩みの本質を見抜いて解消するスタイル」で

変化と成長の喜びをサポートしている

 

”ライフコースコーディネーターほしのぶ”が運営するwebマガジン

ほしのぶLOG(hoshinob.com)です。

 

 

この記事は2分程度で読むことができます。

 

「○○があったら」は「○○は無い」が前提の言葉

「○○があったら」は「○○は無いと思うけど」に言い換えることができます。

 

だから、

「困ったことがあったら」は、「困ることは無いと思うけど」

「わからないことがあったら」は、「わからないことは無いと思うけど」

となります。

 

つまり、「○○があったら」は、「○○は無い」が前提になるのです。

 

”きっと自分からは言ってこない”と感じる相手

ちょっと想像してみてください。

 

あなたが「大丈夫かな」って気にしている相手に

「困ることは無いと思うけど何かあったら言ってね」

「わからないことは無いと思うけど何かあったら言ってね」

こうやって声をかけたらどんな行動をとるでしょうか。

 

これでも、言って来てくれるような相手なのであれば、

「何かあったら言ってね」なんて声をかけなくても言ってきてくれるでしょう。

 

でも、「何かあったら言ってね」と声をかけたくなる相手は、

「たぶん困ることがある」

「たぶんわからないことがある」

「たぶん何かがおこる」

でも、“きっと自分からは言ってこない”と感じる相手ではないでしょうか。

この相手に

「困ることは無いと思うけど何かあったら言ってね」

「わからないことは無いと思うけど何かあったら言ってね」

こうやって声をかけたら…

 

困ることがあっても言えない

わからないことがあっても言えない

何かあっても言えない

 

だから、

何か起こっていることがわかったときには大事になってしまうことがあるのです。

  

こちらから質問する

「何かあったら言ってね」と声をかけたくなる相手は、

  • 「たぶん困ることがある」
  • 「たぶんわからないことがある」
  • 「たぶん何かがおこる」

でも、“きっと自分からは言ってこない”と感じる相手。

 

だから、

「今どんなことをどんな感じでやってるの?」とこちらから質問してみるのです。

 

自分の現状を聞いてくれる人だと思ったら、

  • 困っていることを話せるようになります。
  • わからないことを聞けるようになります
  • 何かあったらすぐに言えるようになります。

 

もし、大丈夫かなって気になる相手がいたら、

伝え上手になるよりも聞き上手になって

たのしい毎日をすごしていきましょう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

 

SNSのフォローもしていただけると嬉しいです。

クリックで簡単シェア

コメント

タイトルとURLをコピーしました