まわりに適応する力を発揮する方法

環境とか一緒に居る人によって、違う振る舞いをする自分が居る気がする。
カメレオンのように周りに合わせているだけで、「私」が居ない気がする。

こんな気持ちになったことはありませんか?

これは、適応能力の高い人が抱えやすい悩みのひとつです。

適応能力とは、人間関係などを構築するときに役立つすばらしい特性のことですが、自分が思っているよりもその能力が高すぎると、その能力を使いこなすことができないために、悩みになってしまうのです。

つまり、道具を持っているけどその使い方がわからないという感じです。

このすばらしい能力の上手な使い方を知りたいと思いませんか?

20年間で1万人以上のお悩み解消をサポートするなかで蓄えた知恵からお届けする今回の内容は『まわりに適応する力を発揮する方法』です。

 

このサイト(ほしのぶLOG https://hoshinob.com)は、

20年間で1万人以上のお悩み解消をサポートした実績で蓄えた

自分にも相手にもいい影響をもたらすことができる自分になる

『自分磨きの知恵』を発信しています。

 

この記事のテーマ

まわりに適応する力を発揮する方法

この記事を読むことで、あなたの強みがひとつ増えます。

適応能力が高い人の素晴らしい能力

適応能力が高い人は、周囲の状況に敏感に反応することができます。

そして、その場に最適な行動をとろうとします。

なんでこんなことができるのでしょうか。

それは、敏感に反応して、その場に最適な行動をとることが自分らしいと感じるからです。

呼び名の数だけあなたが居ます

日本人は、相手との関係性によっていくつもの自分を使い分けます

ちょっと考えてみてください。

・あなたは、呼ばれ方をいくつ持っていますか?・「私」以外に自分を表す言葉をいくつ持っていますか?

呼び名の数だけ、そこにあなたの役割があります。

役割があると言うことは、そこにあなたの居場所があるということです。

適応能力が高い人が陥りやすい罠

適応能力が高い人ほど、自分の居場所に適応することができます。

しかし、全ての居場所で敏感に反応して、全ての場所で最適な行動をとろうとしてしまうことで、自分がいくつもの自分に分断されてしまったような感覚に陥ってしまうのです。

これが、

環境とか一緒に居る人によって、違う振る舞いをする自分が居る気がする。
カメレオンのように周りに合わせているだけで、「私」が居ない気がする。

という感覚です。

あなたの評価を最適にすること

私が居ないと感じるぐらい、周囲の環境に敏感に反応できてしまい、その場に最適な行動がとれてしまうということは、

あなたは、あなた自身が思っているよりも、すごい器用だということです。

その器用さを続けて使おうとすると、精度が落ちてしまいます。

それでも、器用な人は100%適応しようとしてしまうから、過剰に適応しすぎるということが起こってしまうのです。

器用さを上手に使うには、メンテナンスが必要です。

メンテナンスとは、自分らしさを感じること。
自分らしさは、生まれたときから持っているあなたのアピールポイントです。

アピールポイントを手帳に書いておいて、それを見るというだけでも日頃のメンテナンスには十分です。

ぜひ、何かに書き留めておきましょう。

 

この記事が、もっと素敵な明日に向かうことに少しでもお役に立てたら嬉しいです。

週に2~3記事ぐらいの発信を目標にしています。

SNSのフォローもしていただけると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

 

クリックで簡単シェア

コメント

タイトルとURLをコピーしました