どうして差別はなくならないのか?-こころのダムを充し合えば差別は生まれない-

差別はどうしたらなくせるの?

という疑問の声にお答えします。

 

 

このサイト(ほしのぶLOG https://hoshinob.com)は、

20年間で1万人以上のお悩み解消をサポートした実績で蓄えた

自分にも相手にもいい影響をもたらすことができる自分になる

『自分磨きの知恵』を発信しています。

 

 

本記事のテーマ

どうして差別はなくならないのか?-こころのダムを充し合えば差別は生まれない-

1.差別をなくそう!は、差別をつくる

2.ステレオタイプが不公平感を生む

3.差別はなくならない。ではどうしたらいいのか。

1.差別をなくそう!は、差別をつくる

差別はなくせるのか?という疑問の声をいただきました。

結論から言ってしまえば、差別はなくそうとすればするほどなくなりません

ただ、それだけではこの記事を書いている意味がないので最後まで読んでみてくださいね。

 

差別をなくそうとすればするほどなくならないのは、

差別の根本にあるのは不公平感

だから、不公平感が取り除かれないと解決にならないからです。

そして、ここで難しいのが、不公平感はどうしたら取り除くことができるのかということ。

みんなが等しく平等にならない限りは、どうしても不公平感が生まれてしまうのです。

でも、みんなが等しく平等にというのが難しい

 

例えば、社会生活の中にはルールがあります。

日本では、18歳以上は投票できるけど、17歳以下は投票できない。

つまり、18歳にならなければ投票する権利がないということ。

 

世界的に同じだと思うけど、女性用露天風呂には女性しか入れない。

つまり、女性用のお風呂からの眺めがどんなに素敵だったとしても、男性がそこに入ることが許されないということ。

 

このように社会の中には同じ人間なのにそれを区別するための境界線がいくつも存在します。

この境界線が、皆の納得するものであればいいのですが、固定観念や先入観によって作られてしまった境界線は不公平感を生んでしまうことがあるのです。

2.ステレオタイプが不公平感を生む

不公平感を生んでしまう固定観念や先入観とは、ステレオタイプ的な考え方のことです。

ステレオタイプとは、A型の人って○○だよねとか、関西人って△△だよねと、その人に合っているかわからないレッテルを貼ってしまうことです。

レッテルには、すごい・すばらしいと賞賛するものもあれば、だめ・たいしたことないと軽視するようなものもあります。

このレッテルが一度できあがると、「こんな考え方をするなんてやっぱりA型だよね」とか、「こんなことするなんてやっぱり関西人だよね」と、レッテルと合う事実だけを拾い上げて「やっぱり○○だよね」とレッテルを強化していってしまうので、ちょっとやっかいなんです。

3.差別はなくならない。ではどうしたらいいのか。

「あっち」と「こっち」、「あれ」と「これ」など、区別する言葉があれば、そこに境界線はできてしまいます。

でも、境界線があるからといって差別は起こりません。

 

では、どんなときに差別が起こってしまうのか。

 

境界線を使って、こっちが正しいんだとか、こっちの方が優れているんだと、境界線のあっちとこっちの区別に別の意味を加えてしまうことが差別を作ってしまいまうのです。

ということは、こっちの方が・・・って、

こっちのことだけ考えて、相手のことが見えなくなったときに差別が起きてしまうということですよね。

 

つまり、相手のことを考える余裕がなくなったとき。

 

相手のことを考える余裕を作るには、こころのダムを充たすしかないんですが、そこの説明は〔パワハラ防止法施行〕これでOK!ハラスメント対策でしているので、そちらを読んでみてください。

境界線のあっちとこっちは違うから境界線ができている。

だから、境界線のあっちの世界は、わかろうとしなければわかることのできない世界なんですよね。

 

一度できた境界線はなくなることはないし、これからも多くの境界線ができていくと思います。

境界線があるからといって差別は生まれません。

境界線を使って、こっちが正しいんだとか、こっちの方が優れているんだと、境界線の「あっち」と「こっち」で主張するのではなく、こころのダムを充たし合えるように、認め合い・わかりあい・称え合うことで、差別は生まれてこなくなるものなのです。 

 

この記事が、もっと素敵な明日に向かうことに少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

週に2~3記事ぐらいの発信を目標にしています。

SNSのフォローもしていただけると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

 

クリックで簡単シェア

コメント

「カウンセリング・ コーチング・ コンサルティング」 全てを使った『コーディネート』で、

もっと素敵な明日を呼び込むいい関係づくりのお手伝いをしています。

▶ 相談・依頼のページへ

 

 

▶ 開催内容を確認する

いい関係をつくる知識とスキルを学ぶ学習会・ワークショップのご案内です。

 

「ぶどう山椒」

山椒の風味がとても癖になる逸品です。

いつもの炒め物、焼いたお肉などに、ちょっとかけるだけで、味が劇的に変化します。

テレビで見かけて購入してから、ずっと愛用しています。

 

タイトルとURLをコピーしました