苦労して言い訳してもらうのは、もうやめましょう

何を考えているのか聞こうと思っているのに、言い訳ばかりされてしまう。
言い訳を聞きたいわけではないのに…
言い訳されるとついイライラしてしまって…

皆さんもこのような気持ちになったことはないですか?

実はこの悩み、1つのことを知っているだけで、簡単に解消できるんです。

20年間で1万人以上のお悩み解消をサポートするなかで蓄えた知恵からお届けする今回の内容は「苦労して言い訳してもらうのはもうやめましょう」です。

 

このサイト(ほしのぶLOG https://hoshinob.com)は、

20年間で1万人以上のお悩み解消をサポートした実績で蓄えた

自分にも相手にもいい影響をもたらすことができる自分になる

『自分磨きの知恵』を発信しています。

 

この記事のテーマ

苦労して言い訳してもらうのは、もうやめましょう

悩みを解消する前に、ひとつ質問です。

「だって○○なんだもん」と言い訳したくなる理由はなんだと思いますか?

この記事を読むとその答えがわかります。

そして、聞きたい内容を答えてもらえる質問ができるようになります。

言い訳したくなる理由

言い訳する理由を考えると

  • 正直に答えると都合の悪いことがある
  • 質問されたことを考えようとしていない
  • 何を聞かれているのかわかっていない

と言うようなことを想像してしまいますが、直接的な理由はこんなことではありません。

言い訳する理由は、あなたが、言い訳をするように質問したからです。

言い訳したくなる質問ワード

下に書き出した質問ワードは、言い訳を聞きたくないときに絶対使ってはいけない禁止ワードです。

  • 「なぜ?」
  • 「なんで?」
  • 「どうして?」

この禁止ワードを使われると、「だって・・・」という言葉から始まる答えを言いたくなってしまいます。「だって・・・」は、言い訳の時に使うことが多い言葉というのはイメージできると思います。

つまり、この禁止ワードは、言い訳をしたくなる質問ということなのです。

言い訳されてイライラしているときを振り返ってみてください。

このワードを使っていませんか?

考えを聞くならこのワードを使う

先ほどの禁止ワード、「なぜ」「なんで」「どうして」は「事実を確認するときに使う質問ワード」です。だから、事実確認の時にはたくさん使ってください。

でも、考えを聞きたいのであれば、事実確認とは違う質問ワードを使うしかありません。

考えを聞きたいときは「どう?」を使ってみましょう。

  • 「どう考えてる?」
  • 「どう感じた?」
  • 「どうしようと思ってる?」
  • 「どうしたらいいと思う?」
  • 「どうしたい?」

これ以外にも「どう?」のバリエーションを増やしてみてください。


まとめると、

「なぜ」「なんで」「どうして」は「事実を確認するときに使う質問ワード」

「考えを聞きたいときに使う質問ワード」は「どう?」ということです。

ぜひ、この質問ワードを使い分けて、聞きたい内容を答えてもらってください。

  

この記事が、もっと素敵な明日に向かうことに少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

週に2~3記事ぐらいの発信を目標にしています。

SNSのフォローもしていただけると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

 

クリックで簡単シェア

コメント

「カウンセリング・ コーチング・ コンサルティング」 全てを使った『コーディネート』で、

もっと素敵な明日を呼び込むいい関係づくりのお手伝いをしています。

▶ 相談・依頼のページへ

 

 

▶ 開催内容を確認する

いい関係をつくる知識とスキルを学ぶ学習会・ワークショップのご案内です。

 

「ぶどう山椒」

山椒の風味がとても癖になる逸品です。

いつもの炒め物、焼いたお肉などに、ちょっとかけるだけで、味が劇的に変化します。

テレビで見かけて購入してから、ずっと愛用しています。

 

タイトルとURLをコピーしました