アレルギーを気にせず飲める「お茶・紅茶・ハーブティー」|食品添加物アレルギー

食品添加物のアレルギーがあると、

職場や自宅で「ちょっとお茶を飲みたい」と思っても、

ペットボトルのお茶を飲むことはできません。

 

なぜなら、飲んでからしばらくすると、

咳が出たり、鼻水が出たり、くしゃみが出たりするからです。

 

それぐらいのこと?気にしすぎじゃない?

 

そう言われることもありますが…

 

「咳が出たり、鼻水が出たり、くしゃみが出る」といった症状が出るのは、

からだの中で炎症が起こった証拠。

 

からだの中の炎症は、万病のもとになってしまいます。

だから、防げる炎症は防いでおきたい。

 

だから、職場や自宅で「ちょっとお茶を飲みたい」と思ったら、

お茶の葉から入れるか、ティーパックに頼るしかありません。

 

でも、お茶の葉やティーパックなら何でもOKというわけではないのです。

 

この記事を書きました。
10,000人を超える
サポート実績を持つ
サーマウント パートナー
ほしのぶ です。
 

アレルギー反応の出てしまうお茶

それは、香料で風味付けしているもの。

 

高級な茶葉になれば大丈夫なのかもしれませんが、

スーパーなどで手に入れられる

紅茶のティーパックなどには香料で風味付けしているものがあるのです。

 

例えば、

アールグレイなどのフレーバーティーは

香料で風味付けされています。

 

ハーブティーのティーパックは、

無香料のものがスーパーで手に入りますし、

こだわりを持って販売しているサイトなどもたくさんあります。

 

緑茶のティーパックも今のところNGなものには出会っていません。

 

毎日のように飲むお茶で、

からだに炎症を増やすより、 

からだを健康に元気にしていきましょう。

 


本記事は、あくまでも個人の体験を元に書いている記事であることをご了承ください。


 

この記事が、

もっと素敵な明日に向かう今日のために

少しでもお役に立てたら嬉しいです。

ご訪問ありがとうございました。

 

「人間理解」を深め
「マスタリーの力」を磨き高める
パーソナルトレーニング
soloトレ(ソロトレ)
ほしのぶがお手伝いします(^^)/
 

SNS(随時更新中)
▼をクリックするだけで今日のひと言など新着記事案内がお手元に届きます
生活習慣のヒント

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

「ちょっと質問したい」という方は
いずれかの方法でお気軽に( ´∀` )

・SNSのDM

・ページ下部のコメント書き込み

ちょっと質問・問い合わせフォーム

ほしのぶメールマガジン

人を育て 自ら育ち 共に成熟する
ちいさなきっかけを
ゆるーく 月に2~3通
あなたのメールボックスにお届けします。

申し込み方法は
ニックネームとメールアドレスを記入して
申し込みボタンを押すだけです。

Facebookグループへの登録でも
同じ内容をお読みいただけます。

▷ Facebookグループに登録

ほしのぶLOG

コメント