メンタルの疲れを解消する方法 – 明日の自分をリアルに想像すれば疲れを解消できる

ちょっと想像してみてください。

楽しみにしていたデザートを誰かに食べられてしまっていた。

だから、ミカンを食べることにした。

もし、あなたがこの状況になったとしたら、

どちらの気持ちでミカンを食べていると思いますか?

 

A:「誰がデザートを食べたんだよ」とイライラしながらミカンを食べている

B:また買って来ようと切り替えて、ミカンを食べている

 

もし、Aを選んだのなら、あなたのメンタルは疲れているかもしれません。

すぐにでも目をつぶって、明日の自分をリアルに想像してみてください。

 

  • ネガティブな感情がふつふつと湧き出てしまう
  • ちょっとしたことでイライラする
  • 気持ちを切り替えられない
  • 目の前のことに集中できない

こんな状態になったらメンタルが疲れているサイン。

 

メンタルの疲れをとるために

すぐにでも目をつぶって、明日の自分をリアルに想像してみてください。

 

 

20年間で1万人以上の悩みに寄り添い、

 

「今日よりもっと素敵な明日のために、悩みの本質を見抜いて解消するスタイル」で

変化と成長の喜びをサポートしている

 

”ライフコースコーディネーターほしのぶ”が運営するwebマガジン

ほしのぶLOG(hoshinob.com)です。

 

 

この記事は2分程度で読むことができます。

 


メンタルの疲れは、脳の疲れです。

脳の疲れを本気でケアするには

睡眠で脳を休め、食事で脳に必要な栄養をとり、運動で脳が活動しやすい状態をつくる

これを毎日コツコツと続けるしかありません。

 

でも、こんな話をしても

だいたい、「そんなのムリ」、「めんどくさい」、「それができたら苦労しない」と言われてしまいます。

 

だから、動物的に動こうとする脳の暴走を止められず、「闘うor逃げる」の行動になっているんですよ!と、

言ったところで何の解決にもならないのもわかっています。

 

だから、すぐにでもできる方法。

それが、“目をつぶって明日の自分をリアルに想像してみる”なのです。

 

なぜ、目をつぶって明日の自分をリアルに想像するのか 

「目から入る情報の処理に脳のエネルギーの90%近くを使っている」と言われています。

だから、目から入る情報をシャットアウトします。

目をつぶるだけで、脳波もリラックスしたときのものに変化します。

 

そして、明日の自分をリアルに想像してみる。

脳は1つのことに集中しているときほどラクな状態になります

だから、明日の自分を想像することに意識を集中する。

 

できれば、

  • 「たのしんでいる」
  • 「リラックスしている」

明日の自分リアルに想像してみましょう。

 

見ようとするのではなく想像してみることで、

見えなかったことが見えるようにもなります。

視野の広がりは、メンタルに余裕を作ります。

想像を上手に使って、たのしい毎日を過ごしていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

 

SNSのフォローもしていただけると嬉しいです。

クリックで簡単シェア

コメント

タイトルとURLをコピーしました