繊細な人は「飲みにケーション」してみましょう!

繊細なひとほど、コミュニケーションに気を使っているので、「飲みにケーションなんて疲れるから嫌」という人が多かったりします。

嫌なことを無理にするのはよくないです。

でも、繊細な人のために飲みにケーションがあるなんて考えたことはありますか?

 

20年間で1万人以上のお悩み解消をサポートするなかで蓄えた知恵からお届けする今回の内容は『繊細な人は「飲みにケーション」してみましょう!』です。

 

このサイト(ほしのぶLOG https://hoshinob.com)は、

20年間で1万人以上のお悩み解消をサポートした実績で蓄えた

自分にも相手にもいい影響をもたらすことができる自分になる

『自分磨きの知恵』を発信しています。

 

この記事のテーマ

繊細な人は「飲みにケーション」してみましょう!

この記事を読むと、コミュニケーションが苦手な理由がわかります。
そして、飲みにケーションを活用していいコミュニケーションがとれるようになります。

 

繊細な人とはこんな人

繊細な人とはこんな人のことです。

  • 周囲の雰囲気に左右される。
    特にピリピリした雰囲気などの嫌な感じに敏感。
  • 交際範囲は広くなくても、仲の良い人が何人かいればいい。
  • 人付き合いに対してそんなに価値を感じない

 

繊細な人の特徴

繊細な人は、外からの刺激に敏感な人です。

だから、外からの刺激が多いほど、脳が刺激を受けることが多くなって、脳の稼働が高まってしまいます。

鈍感な人は、外からの刺激に鈍感な人ですので、強い刺激を受けなければ脳の稼働が高まることはありません。

繊細な人ほど、脳の稼働が高まりやすいという特徴があるのです。

 

脳の稼働が高まりやすいとどうなるの?

脳のパフォーマンスがいい状態は、脳の稼働が最適であるときです。

でも、繊細な人の脳の稼働が高まっているときは、脳が過剰に動いてしまっています。

つまり、繊細な人の脳が過剰に動いてしまうというのは、脳が最適な状態から遠ざかってしまうということです。

 

脳の稼働を下げると脳のパフォーマンスがいい状態になる

繊細な人の脳の稼働が高まっていると、いろいろと考えすぎてしまって、言いたいことも言えなくなってしまいます

そこで、役に立つのがお酒の力です。

お酒は、脳の稼働を低下させてくれます
飲みすぎてしまったら、脳の稼働が低下しすぎてしまいますので注意して下さい。

お酒を飲むと、普段物静かな人がおしゃべりになったり、言いづらいことを言えてしまったりということが起こります。

これは、脳の稼働が最適な状態に近づくからです。

お酒だけでなく、最近はやっている、瞑想なども脳の稼働を低下させる方法です。

自分に合う方法を探してみてください。

 

 

この記事が、もっと素敵な明日に向かうことに少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

週に2~3記事ぐらいの発信を目標にしています。

SNSのフォローもしていただけると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

 

クリックで簡単シェア

コメント

タイトルとURLをコピーしました