繊細な人のためのコミュニケーション:緊張と向き合う方法

繊細な人ほど、

コミュニケーションに気を使っているので、

「飲みにケーションなんて疲れるから嫌」という人が多かったりします。

 

嫌なことを無理にするのはよくかもしれませんが…

 

繊細な人のために

飲みにケーションがある

なんて考えたことはありますか?

 

繊細な人とはこんな人

繊細な人とはこんな人のことです。

  • 周囲の雰囲気に左右される。
    特にピリピリした雰囲気などの嫌な感じに敏感。
  • 交際範囲は広くなくても、仲の良い人が何人かいればいい。
  • 人付き合いに対してそんなに価値を感じない

 

繊細な人の特徴

繊細な人は、外からの刺激に敏感な人です。

だから、外からの刺激が多いほど、脳が刺激を受けることが多くなって、脳の稼働が高まってしまいます。

鈍感な人は、外からの刺激に鈍感な人ですので、強い刺激を受けなければ脳の稼働が高まることはありません。

繊細な人ほど、脳の稼働が高まりやすいという特徴があるのです。

 

脳の稼働が高まりやすいとどうなるの?

脳のパフォーマンスがいい状態は、脳の稼働が最適であるときです。

でも、繊細な人の脳の稼働が高まっているときは、脳が過剰に動いてしまっています。

つまり、繊細な人の脳が過剰に動いてしまうというのは、脳が最適な状態から遠ざかってしまうということです。

 

脳の稼働を下げると脳のパフォーマンスがいい状態になる

繊細な人の脳の稼働が高まっていると、いろいろと考えすぎてしまって、言いたいことも言えなくなってしまいます

そこで、役に立つのがお酒の力です。

お酒は、脳の稼働を低下させてくれます
飲みすぎてしまったら、脳の稼働が低下しすぎてしまいますので注意して下さい。

お酒を飲むと、普段物静かな人がおしゃべりになったり、言いづらいことを言えてしまったりということが起こります。

これは、脳の稼働が最適な状態に近づくからです。

お酒だけでなく、最近はやっている、瞑想なども脳の稼働を低下させる方法です。

自分に合う方法を探してみてください。

 

 

この記事が、

もっと素敵な明日に向かう今日のために

少しでもお役に立てたら嬉しいです。

ご訪問ありがとうございました。

 

SNSのフォローもしていただけると嬉しいです。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

「ちょっと質問したい」という方は
いずれかの方法でお気軽に( ´∀` )

・SNSのDM

・コメント書き込み

ちょっと質問・問い合わせフォーム

コメント

「人間理解」を深め
「マスタリーの力」を磨き高める
パーソナルトレーニング
soloトレ(ソロトレ)
ほしのぶがお手伝いします(^^)/
 

ほしのぶメールマガジン

健やかな日々へのヒントと
ちいさなきっかけを
ゆるーく 月に2~3通
あなたのメールボックスに
お届けします。
 

Facebookグループへの登録でも
同じ内容をお読みいただけます。

▷ Facebookグループに登録