添加物アレルギーのある私が選ぶ ビール 3選

ビールを飲めるひとにとって、

“仕事が終わった後”とか”汗をかいた後”のビールは格別。

簡単にやめられるものではありません。

 

添加物アレルギーがあったとしても同じ。

「ビール」を飲みたくなります。

でも、どんなビールでも飲めるかといったらそうではない。

飲めるビールは限られてしまいます。

 

添加物アレルギーがあると飲めないもの

添加物は、

  • 風味をよくするため
  • キレをだすため
  • 味が変わらないため

こういった理由で、加えられているものです。

香料、コーンスターチ、ビタミンCなどが、これに該当します。

 

だから、添加物アレルギーがあると

香料、コーンスターチ、ビタミンCなどが原材料に書いてあるものは飲むことができません。

 

もし、飲んでしまうと、

  • ダルくなる
  • 頭がいたくなる
  • 咳や鼻水が出てくる

こんな、風邪でもひいたかのような症状が出てしまうのです。

 

添加物アレルギーがあっても飲めるビール3選+1

食品添加物アレルギーのある私が飲める「ビール」は、

純粋に原材料が『麦芽、ホップ』だけのものです。

 

だから、お店で飲むことができるのも

スーパーなどで買ってくるのもこの3種しかありません。

 

【ビール】キリン 一番搾り生ビール [ 350ml×24本 ]
一番搾り
【キリン一番搾り生ビール】これまでよりも更に「麦のうまみ」と「澄んだ味わい」を引き出した一番搾りが完成しました。

188円/本

 

202円/本

 

207円/本

  

季節限定商品など新商品が出たときにいろいろと試していますが、ちょっと気になっているのがこれ。

242円/本 

ちょっとお高めなので、なかなか手が出ない一品です。

 

ビールの原材料が気になった方はこの記事を参考にされるといいと思います。

缶ビールの「ラベル」を読み解けば、ビールはもっと美味しくなる

 

添加物アレルギーのある人が発泡酒や第三のビールは飲めるの?

今のところ添加物の入っていないものを見つけることはできていません。

基本的に添加物が入っていたもの

  • 発泡酒
  • 第三のビール
  • ノンアルコールビール
  • 缶酎ハイ
  • ペットボトルのジュース

 

自分のからだにあったものを選ぶときの参考になれば幸いです。

本記事は、あくまでも個人の体験を元に書いている記事であることをご了承ください。

 

 

 

20年間で1万人以上の悩みに寄り添い、

 

「今日よりもっと素敵な明日のために、悩みの本質を見抜いて解消するスタイル」で

変化と成長の喜びをサポートしている

 

”ライフコースコーディネーターほしのぶ”が運営するwebマガジン

ほしのぶLOG(hoshinob.com)です。

 

 

 

今回は『添加物アレルギーのある私が選ぶ ビール 3選』をお届けしました。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

 

SNSのフォローもしていただけると嬉しいです。

クリックで簡単シェア

コメント

「カウンセリング・ コーチング・ コンサルティング」 全てを使った『コーディネート』で、

もっと素敵な明日を呼び込むいい関係づくりのお手伝いをしています。

▶ 相談・依頼のページへ

 

 

▶ 開催内容を確認する

いい関係をつくる知識とスキルを学ぶ学習会・ワークショップのご案内です。

 

「ぶどう山椒」

山椒の風味がとても癖になる逸品です。

いつもの炒め物、焼いたお肉などに、ちょっとかけるだけで、味が劇的に変化します。

テレビで見かけて購入してから、ずっと愛用しています。

 

タイトルとURLをコピーしました