物忘れはもう怖くない!集中力を高めて記憶力をアップする方法

さっきまで覚えていたのに…

最近言葉が出てこなくなった…

そんなときに、最近物忘れがひどくって…

なんて言ってないですか?

  • いくつものことを同時にやろうとする
  • スマホを見る時間が増えた
  • せっかちな性格
  • こだわりが強い

 

もし、上のどれかにあてはまっていて、

物忘れ対策をしたいのなら、

忘れたのではなく、情報を引き出せなくなっただけかもしれません。

 

だから、

忘れないようにするよりも、今に集中することを意識してみましょう。

 

例えば、

  • 車にひかれそうになった
  • 喫茶店でお気に入りの服にコーヒーをこぼされた
  • すれ違いざまに見知らぬ人からバーカと言われた。
  • サプライズでお祝いしてもらった。

このような衝撃的な出来事は、その瞬間だけでなく、

そのことが起こる前後のことまで詳しく思い出せたりします。

 

これは、他のことを考える余裕なんてないぐらいその瞬間に集中したからです。

 

では、なぜそこまで集中することができたのでしょうか

それは、”自分にとって重要度の高いこと”だったからです。

 

この記事を書きました。
クライアント様の想いに
寄り添い25年
サーマウント パートナー
ほしのぶ です。
 

 

脳はひとつのことに集中するようにできている

脳の仕組みを下のように考えたことはありませんか?

1つのことに集中するときの集中力を100/1(つまり100%)としたら、

2つのことを同時にするときの集中力は100/2(いつもの半分ぐらい)になる。

 

頭の中で同時進行する10個のことがあったとしたら、

集中力は100/10(いつもの10%ぐらい)になる。

 

何かを考えながら別のことをするときは、こうやって集中力を分配できる。

 

だから、クオリティーは少し落ちるかもしれないけど、

考えたり行動することを同時進行しても大丈夫。

もし、こうやって考えていたとしたら、

これは大きな間違いです。

 

実際はというと、

脳はいちばん強い情報を1つ選んで、

そこに集中するようになっています。

 

なぜかというと、

多くの情報を同時に処理しようとすると、

脳がオーバーヒート状態になってしまい、

正常に機能できなくなってしまうからです。

 

だから脳は、その機能を守るために、

2つのことを同時にやろうとしても、

ひとつのことだけに集中しようとします

 

2つのことを同時にやっているようでも

2つの間を集中が行ったり来たりしているだけ。

 

2つのことを同時に進行していうように

感じているだけなのです。

 

そして、ここに、

脳の特性上の問題がひとつあります

 

それは、

「はい!」って瞬間的に集中を切り替えることができないことです。

 

だから、集中を切り替えたつもりでも

さっきまでやっていたことに意識が残ってしまいます。

 

さっきまでやっていたことに意識が残ってしまうということは、

集中が2つに向かっているということ。

 

これは、1つのことにしか集中できない脳からすれば、

正常に機能できなくなる危険な状態です。

 

その状態をつくりだしてしまうのが、

短時間で切り替えながら、複数の作業を行なっていく

マルチタスクです。

 

マルチタスクは集中力を奪っていく

短時間に集中を切り替えることが増えるほど

脳の集中は散漫になっていきます。

 

つまり、このときの脳は

情報を引き出す集中力がなくなっているということです。

 

脳が散漫な状態のままでは

引き出したい情報は引き出せません。

 

だから、物忘れ対策をしたいのなら、

忘れないようにするよりも、

今に集中することを意識してみる方が効果的なのです

 


頭で考えると難しいことをしたくなる

今、目の前にあることに集中するのが、

脳にとってはいちばんラクなのですが、

  

知識を使って、

すぐに別のところに行きたがってしまいます。

  

別のところとは、

過去や未来といった時間的に別な場所です。

 

実際にそこには行けないので、

想像をはじてめてしまうということです。

 

違う場所の想像をしてしまったということは、

目の前のことに集中できていないということになります。

 

脳にとってはいちばんラクなはずなのに、

 

頭を使うと、

わざわざ難しいことをしようとしてしまうのです。

 

今に意識を向けて集中力を取り戻す

こころの感度が落ちると

からだの感度も落ちてきます。

 

そして、

からだの感度がおちてくると

こころの感度も落ちてきます。

 

どちらが先ということはなく、

こころとからだは密接に関係しあっています

 

だから、

こころが喜べばからだも喜ぶし、

からだが喜べばこころも喜びます。

 

では、

こころとからだのために何をしてあげたらいいのでしょうか?

 

こころとからだを使おうとしているときは、

自分の意識が今にいます。

 

意識が今にいるのですから、

今に集中しやすくなります。

 

そのために、

今の感覚に意識を向けてあげることを増やしてみましょう。

  • 風を感じてみる
  • 道ばたに咲いている花に意識を向けてみる
  • 好きなことに没頭してみる

 

今ではないところに意識を向けるのが得意な

頭を大切にすることも必要です。

 

でも、頭を大切にしすぎる生活を続けると、

こころとからだの感度は確実に落ちていきます。

 

そして、今に集中することができなくなって、

物忘れがひどくなったように感じてしまうのです

 

忘れないようにするよりも、必要な情報を引き出せるようにする。

それも物忘れ対策のひとつです。

できることから実践していきましょう。

 

この記事が、

もっと素敵な明日に向かう今日のために

少しでもお役に立てたら嬉しいです。

ご訪問ありがとうございました。

 

「人間理解」を深め
「マスタリーの力」を磨き高める
パーソナルトレーニング
soloトレ(ソロトレ)
ほしのぶがお手伝いします(^^)/
 

SNS(随時更新中)
▼をクリックするだけで今日のひと言など新着記事案内がお手元に届きます
生活習慣のヒント

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

「ちょっと質問したい」という方は
いずれかの方法でお気軽に( ´∀` )

・SNSのDM

・ページ下部のコメント書き込み

ちょっと質問・問い合わせフォーム

ほしのぶメールマガジン

人を育て 自ら学び 共に成熟する
ちいさなきっかけを
ゆるーく 月に2~3通
あなたのメールボックスにお届けします。

申し込み方法は
ニックネームとメールアドレスを記入して
申し込みボタンを押すだけです。

Facebookグループへの登録でも
同じ内容をお読みいただけます。

▷ Facebookグループに登録

ほしのぶLOG

コメント