手作りポン酢 – 超簡単 – 夏みかんでつくる無添加ポン酢の作り方

ポン酢を手作りしたことはありますか?

数年前から、夏みかんのポン酢をつくってストックしています。

夏みかんを有効活用する方法を考えてみた

活動拠点にしている事務所の小さな庭に

世話をしなくても毎年大量に実をつけてくれる大きな夏みかんの木があります。

夏みかんのレシピといえば、「マーマレード」。

でも、パンが主食でもなければ、大量につくったとしても食べることはないし…

めちゃくちゃ酸っぱい実なので、そのまま食べるという気にもなれず…

だから、基本的に毎年放置。

ほしいという人がいれば差し上げ、自然に落ちたものを捨てるだけ。

 

せっかく大量の実をつけてくれているのに、なんかもったいない気がして、

無駄なく簡単に調理できる方法を考えてたどり着いたのが『ポン酢』だったのです。

 

手作りだから無添加で作れる

ポン酢だけでなく市販のドレッシングは使うのを控えています。

その理由は

  • 食品添加物アレルギーがあるから
  • 自分でつくった方が安心でおいしいから

 

手作りポン酢の作り方

今年も大量に夏みかんが収穫できました。

これの10倍ぐらいの実がまだ未収穫です…

夏みかん1個で、だいたい100ccの果汁がとれます。

今回は20個あるから2000cc(2L)の果汁がとれる計算です。

同じ味の『ポン酢』が大量にあっても飽きてしまうので、

今回は、この3種類をつくります。

  • 醤油ポン酢
  • 塩ポン酢
  • ポン酢

 

夏みかん以外で用意するのは、

  • 濃い口醤油 1000cc
  • みりん 550cc (火にかけてアルコールを飛ばしておきます)
  • 酒 250cc (火にかけてアルコールを飛ばしておきます)
  • かつお節 80g
  • 昆布 40g
  • あらじお 小さじ5杯

この量は果汁2000cc(2L)のときです。

 

材料の用意ができたら、あとは混ぜるだけ。

分量が少しぐらい違っても、

その微妙な違いを感じ取れるほど繊細な舌を持っていないので、

『だいたい合っていればいい』で混ぜていきます。

 

混ぜたら次の日には食べれますが、2~3日冷蔵庫に置いたものの方がおいしいです。

冷蔵しておけば半年ぐらいはおいしく使えます。
(だいたいそれぐらいには使い切ってしまいますが…)

 

醤油ポン酢

  • 夏みかんの果汁 1000cc
  • 濃い口醤油   1000cc
  • みりん      300cc
  • かつお節     50g
  • 昆布       10g

 

塩ポン酢

  • 夏みかんの果汁 500cc
  • みりん 250cc
  • 酒       250cc
  • あらじお  小さじ5杯
  • かつお節     30g
  • 昆布       20g

 

ポン酢

  • 夏みかんの果汁 500cc
  • 昆布       20g

 

粗めのザルでかつお節と昆布を取り除いてから、保存した方が雑味が出なくて良いようです。

ちなみに、取り除いたかつお節と昆布は天日干しをしておくとおいしく使えます。

  • かつお節は、サラダや焼き物にかけるとおいしいふりかけ
  • 昆布は、おいしいおつまみ酢昆布  

 

編集後記

大量の夏みかんを前にして、めんどくさいという気持ちの方が勝ってしまい、

しばらく夏みかんを見ないようにしていました。

でも、いざ取りかかってしまうと、

目の前のことに集中できて、

なんかすっきりした感し゛になれたので、

ポン酢づくりの備忘録てきな感覚でこの記事を書きました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

 

普段は、毎日の生活にいい影響をもたらす

人生をたのしむ自分磨きのヒント』を発信しています。

 

SNSのフォローもしていただけると嬉しいです。

 

クリックで簡単シェア

コメント

タイトルとURLをコピーしました