自分の癖がわかれば自己紹介は怖くない

「なくて七癖」という言葉があります。

どんな人でも多少は癖があるものだという意味の言葉ですが、
あなたはどんな癖を持っていますか?

私は、本を読むときに線を引いてしまう癖があります。
(線を引かないと本を読めないのです…)

線を引いてしまうと、いらなくなった本を売ったりあげたりすることができないので、この癖をなくしたいと思うけど、なかなかなくならない。

わかっているけど、なかなかその行動を変えることができない。

ちょっと厄介な存在、それが癖です。

ただ、この癖というちょっと厄介なやつでも、見方を変えるとけっこう使える存在になるんです。

なんで、癖が使える存在になるなんて言っているのか知りたくないですか?

答えを先に言ってしまいます。癖は自己紹介のネタになるからです。

 

20年間で1万人以上のお悩み解消をサポートするなかで蓄えた知恵からお届けする今回の内容は『自分の癖がわかれば自己紹介は怖くない』です。

 

このサイト(ほしのぶLOG https://hoshinob.com)は、

20年間で1万人以上のお悩み解消をサポートした実績で蓄えた

自分にも相手にもいい影響をもたらすことができる自分になる

『自分磨きの知恵』を発信しています。

 

自分の癖がわかれば自己紹介は怖くない

この記事を読むと、突然の無茶ぶりでも自然に自己紹介ができるようになります。

 

癖はあなた自身です

癖は自分で変えようと思ってもなかなか変えることができない存在です。

だから、いい癖なのか悪い癖なのかということは置いておいて、その癖はあなたという人をかたちづくっている要素のひとつということになります。

 

自己紹介のネタに困ったら自分の癖を思い出してみよう

自己紹介は、相手に自分を知ってもらうためにするものです。

だから、見てわかることよりも、「実は私…」というようなことの方があなたを知ってもらうことができます

だからといって、内緒にしておきたいことを話す必要はありません。

話してもいいと思うことだけを話しましょう。

 

自分の癖がわからなかったら鏡にきいてみよう

自分で自分の全部を見ることはできません

だから、自分のことでも自分で知らないことがあるのは当然のことです。

もし、自分のことがわからなければ、鏡にきいてみましょう。

鏡というのは、「自分のことを映し出してくれる存在」のことです。

洗面所にある鏡でもいいですが、自分の癖を知るためには、あなたのことをよく知っている人に「私はどんな癖があるかな?」と聞いてみましょう。


知っている自分が増えていくと、それが自信につながっていきます。

良い悪いの評価ではなく、どう映って見えるのかを教えてもらうことをフィードバックをもらうと言うそうです。

いっぱいフィードバックをもらって、知っている自分を増やして、可能性を広げていきましょう。

 

この記事が、もっと素敵な明日に向かうことに少しでもお役に立てたら嬉しいです。

週に2~3記事ぐらいの発信を目標にしています。

SNSのフォローもしていただけると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

 

クリックで簡単シェア

コメント

「カウンセリング・ コーチング・ コンサルティング」 全てを使った『コーディネート』で、

もっと素敵な明日を呼び込むいい関係づくりのお手伝いをしています。

▶ 相談・依頼のページへ

 

 

▶ 開催内容を確認する

いい関係をつくる知識とスキルを学ぶ学習会・ワークショップのご案内です。

 

「ぶどう山椒」

山椒の風味がとても癖になる逸品です。

いつもの炒め物、焼いたお肉などに、ちょっとかけるだけで、味が劇的に変化します。

テレビで見かけて購入してから、ずっと愛用しています。

 

タイトルとURLをコピーしました