ドキドキは癖(やみつき)になる-衝動が抑えられない理由と対処法-

最近、ドキドキしていますか?

ドキドキすることが少なくなると

ドキドキを求める衝動に駆られてしまうことがあります。

 

そして、気づいたらこんな状態になっているなんてことも…

  • 衝動買いをして後悔をする
  • ギャンブルにはまってしまう
  • 恋愛・浮気などの人間関係トラブル
  • 犯罪行為に手を染めてしまう

 

ドキドキの正体は、心拍数の上昇というだけです。

ドキドキすることは、良いことでもなければ悪いことでもありません。

それなのに、ドキドキを求めてしまうのはなぜなのでしょう。

ドキドキに振り回されてしまう人と、ドキドキと上手に付き合っている人の違いは何なのでしょうか。

 

今回は、『ドキドキは癖(やみつき)になる-衝動が抑えられない理由と対処法-』をお届けします。

この記事は2分程度で読むことができます。

 

このサイト(ほしのぶLOG https://hoshinob.com)は、

毎日の生活にいい影響をもたらす

人生をたのしむ自分磨きのヒント』を発信しています。


20年間で1万人以上のお悩み解消をサポートしてきた

ライフコースコーディネーターが運営する実践Webマガジンです。

 

ドキドキは癖(やみつき)になる

-衝動が抑えられない理由と対処法-

 

この記事を読むと、

  • 衝動が抑えられない「なぜ?」が「なるほど!」に変わります
  • 衝動的にならずにすむ方法が手に入ります。

そして、毎日の生活にいい影響をもたらす知恵に磨きがかかります。

 

ドキドキを求める衝動が抑えられなくなるとき

衝動を抑えられないのは、理性的に物事を考えることができなくなっているからです。

では、どのような時に理性的に物事を考えることができなくなってしまうのでしょうか。

 

それは、我慢が限界に達してしまったときです。

  • やりたいことよりもやらなければいけないことを優先する毎日
  • 自分らしくいることよりも正しく真面目でいる毎日
  • 単調な毎日で、毎日に変化がない

こんな生活の中で退屈や物足りなさ、不満を感じてしまう。

その自分の気持ちに嘘をついて生活しているうちに、

理性的に物事を考えられなくなってしまうのです。

 

 

いつもと違うからドキドキする

ドキドキを感じるのは、心拍数が上昇したときです。

心拍数が上昇するのは

  • はじめての体験を前に興奮したとき
  • 想定以上のことが起って興奮したとき
  • 何が起るかわからない恐怖・不安を感じたとき
  • どうしていいかわからない恐怖・不安を感じたとき
  • 気を引き締めたとき
  • 心が張り詰めたとき
  • 運動したとき

こうやって見てみるとドキドキは、

退屈や物足りなさ、不満を感じる生活とは真逆の日常の中にあるということがわかります。

 

ドキドキするだけでは癖(やみつき)にはならない

ドキドキは心拍数が上昇するだけですから、ドキドキすることに良いも悪いもありません。

それなのに、ドキドキを求めてしまうのはなぜなのでしょうか。

 

人は望ましい結果を手に入れるために行動します。

でも、必ず望ましい結果が手に入るわけではありません。だから、望ましい結果が手に入ったことのある行動を記憶しています。そして、望ましい結果がほしい時にはその行動をするようになります。

https://hoshinob.com/human-resource/negative

 

つまり、ドキドキすることで望ましい結果が手に入ることを知っているから、ドキドキを求めてしまうということです。

 

望ましい結果は良いことや嬉しいことだけではありません。

解放感や達成感を感じるというのも望ましい結果になります。

そして、興奮・緊張・不安・恐怖が強いほど、その後の解放感や達成感も大きくなります。

だから、

  • ジェットコースター
  • お化け屋敷
  • マラソン
  • スポーツ全般
  • ギャンブル
  • ゲーム    など

ドキドキの後に解放感や達成感あるものが癖(やみつき)になってしまうのです。

 

普段からドキドキしていれば、衝動はコントロールできる

ドキドキすることが多くなれば、ドキドキするのがいつもの生活で

退屈や物足りなさ、不満を感じるのが非日常の生活になります

つまり、ドキドキすることが多くなれば

我慢が減り、理性的に考えることができるようになると言うことです。

 

「ドキドキするのがいつもの生活」にするために

手っ取り早くドキドキするには身体を動かしてみる。

少し息が上がるぐらい身体を動かせば、ドキドキしてきます。

(1日20分ぐらいドキドキするだけで脳に良い効果があるといわれています)

 

変化することをたのしむ

完全な安定の中にドキドキはありません。

全てがシナリオ通りに進むのではなく、アドリブがあったり、ちょっとイレギュラーがあったぐらいの方が人生を楽しく幸せに感じることができます。

自分の本心を表現できるようになる

本心を表現するには勇気が必要なこともあります。

勇気を振り絞るときはドキドキしますが、自分に嘘をついているよりも楽しい毎日が待っているはずです。

 

まとめ

ドキドキが癖(やみつき)になるのは、

ドキドキすると望ましい結果が手に入るということを知ってしまったから。

ドキドキしたい衝動に駆られるのは

退屈や物足りなさ、不満を我慢しすぎているから

 

ドキドキすることが増えればドキドキに振り回されることは少なくなります。

<br>

ドキドキする日常を手に入れて、たのしい毎日を過ごしていきましょう

 

編集後記

してはいけないことばかりの制約のある生活をしていると、毎日が同じことの繰り返し。

単調な毎日の中にいると、どんどん気持ちが動かなくなっていきます。

そんなときに、買い物に出かけると、つい衝動買いをしてしまう。

衝動買いをしないようにするには、買い物に出かけなければいい。

でも、それでは、してはいけない制約を増やすだけになってしまう。

こんな堂々巡りから抜け出るためにはどうしたら良いのか考えてみようと思い、この記事を書きました。

はじめの構想はこんな感じでした。

構想通りの文章を書くには、まだまだ時間がかかりそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

 

週に2~3記事ぐらいの発信を目標にしています。

SNSのフォローもしていただけると嬉しいです。

 

クリックで簡単シェア

コメント

「カウンセリング・ コーチング・ コンサルティング」 全てを使った『コーディネート』で、

もっと素敵な明日を呼び込むいい関係づくりのお手伝いをしています。

▶ 相談・依頼のページへ

 

 

▶ 開催内容を確認する

いい関係をつくる知識とスキルを学ぶ学習会・ワークショップのご案内です。

 

「ぶどう山椒」

山椒の風味がとても癖になる逸品です。

いつもの炒め物、焼いたお肉などに、ちょっとかけるだけで、味が劇的に変化します。

テレビで見かけて購入してから、ずっと愛用しています。

 

タイトルとURLをコピーしました